黒保根にて

黒保根にジャコウアゲハ(雄、夏型)の飛来があり、葉で休んでいる。
長い飛行で疲れているのか、カメラを向けても飛び立たない。


シラヤマギクである。
背が高く倒れやすくなっている。
水分の多く、徒生長に起因するのか、
IMG_0080_20170816123826113.jpg

ツルリンドウの白い花がひっそりと咲いている。
ヘクソカズラの蔓に隠れるように。
IMG_0076_2017081612382434c.jpg

ダイミョウセセリのようである。白い紋様が鮮やかである。
ハギの花で休んでいる。
IMG_0084_20170820100924198.jpg

ナガバノコウヤボウキである。
新しい枝に花をつける。
花弁のカールが何とも言えない。
IMG_0092_20170820100926b24.jpg

センニンソウである。
ネムノキにぶら下がって咲いている。
ボタンヅルはこれからである。
コボタンヅルは桐生の自然の森で見かけたが・・。
IMG_0093_201708201009277ab.jpg

至るところで見かける赤紫の繁殖力の旺盛なハギと違って、これはキハギである。
ちょっと色も奥ゆかしく、いいものである。
IMG_0095_20170820100929a27.jpg

今朝、出かける前のナナフシを見かける。
角に棘がないのでこれは単なるナナフシである。
枯れ枝に似せた擬態の一種であろう。
IMG_0096_20170820100930922.jpg

やたらと北鮮の脅威、中国の尖閣への侵入を宣伝・誇張し、
メディアを動かし、税金である軍事予算を増そうとしているようにも思える。
もう少し違う金の使い方があるでしょう。

お盆も過ぎたのに、暑い夏はまだ終わらない。
そう言えば今年は西瓜をまだどういう訳か食べていない。
もう梨である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雲流太郎

Author:雲流太郎
群馬の片田舎で暮らす
70歳の男性。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム