節分草(小鹿野にて)

急遽、3月7日、セツブンソウを見に行く。
埼玉県の小鹿野の群生地を目指す。
予想より時間がかかったが無事到着。駐車場もある。
入園料30円を支払う。
カメラマンが這いつくばってセツブンソウの花の写真をとっている。
ロープの囲いもあり、植物を守っているようである。
こんな感じで群生している。


背丈は15cm位で低く、誠に愛らしい。
IMG_0031_2017031012184608b.jpg

花弁は白く5枚である。
IMG_0026_2017031012184489d.jpg

花をアップする。
幾何学的な模様が美しい。
葯は淡黄色であるが、柱頭を含む雌蕊は淡い青紫色かなんとも言えない色合いである。
IMG_0016_2017031012184370c.jpg

まだ、秩父は寒い、時折、雪が舞うぐらいである。
ゆっくりとセツブンソウを堪能する。
IMG_0039_201703101218483ed.jpg

メディアは森友学園問題で賑わっている。
徹底的に追及し、悪を懲らしめて欲しい。
それとともに、もっと問題なのは危険な共謀罪の法案
テロの名を借りて、国会に出し、通そうとしていることである。
数の力で強引にまた政府はやろうとしている。
これは絶対に阻止しなくてはならない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雲流太郎

Author:雲流太郎
群馬の片田舎で暮らす
70歳の男性。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム