夏の終りに(黒保根)

夏の終りに黒保根で見かけた花たちである。

まずはヤマジノホトトギスである。
ホトトギスは動物(鳥)にもある名前である。
IMG_0003_20160914210005aab.jpg

真上から見るとこうなる。


シロヤマギクである。
ひょろひょろと茎をのばし、道をふさぐ厄介者であるが、
花は清楚で美しい。
IMG_0008_20160914210007d7c.jpg

ツリガネニンジンである。
少し青みがかったものから白にちかいものまである。
これもひょろひょろと茎をのばす厄介者である。
でもこれも捨て難い。
IMG_0009_201609142100087a2.jpg

雨が降った後であるので、
生き生きとしている。
IMG_0010_20160914210010f83.jpg

コウヤボウキのようであるが、詳しくはまだ調べていない。。
これは1本だけ自然に我が家の土手にはえてきたものである。
IMG_0011_2016091421002987a.jpg

アップにする。
素敵な花である。
IMG_0012_20160914210031691.jpg

梅雨の季節ではないが、たくさんの青い花をつけている。
ツユクサである。
IMG_0014_20160914210032892.jpg

高江ではヘリパッド基地建設を政府は強行におしすすめようとして、
今度は防衛省(自衛隊)を動かし、空路で工事現場用の重機等を運び込んだらしい。
陸路は住民の強い抗議行動で無理と判断したのであろうか。
でも、政府にとって何でもありの世界であり、
ごり押しで何が何でも作ろうとしている。焦りであろうか?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おばんです!
政府は完全に米国の言いなりなのかと言いたいですねー。喝)
自衛隊を米国軍の下請けにはさせたくないですね~~喝)

司法の独立は?

辺野古の裁判(高裁)で翁長知事の承認取消は違法とされ、
行政(国)の言い分を追随した形でなされたようである。
そもそも日本に三権分立はないように感じる。
国は沖縄の人たちの人権(こころ)をかえりみず、
米軍の方をむいて行動している。
プロフィール

雲流太郎

Author:雲流太郎
群馬の片田舎で暮らす
70歳の男性。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム