再び佐渡へ(1)

また再び佐渡に渡る。
今回は佐渡の天然杉(巨樹)をみるのが主たる目的でである。
加えて岩百合とトビシマカンゾウの花の時期であるので、
それも欲張って見て来ようというのである。

両津港から相川を通り、外海府に向かう。
海辺の家は能登瓦で作っている。塩に強いらしい。
IMG_0057.jpg

海岸近くに行くと岩百合が咲いている。
スカシユリの一変種らしい。


海岸端の道近くの急斜面にはトビシマカンゾウの花が咲いている。
(画像は大野亀のところでアップするつもりである。)
黄色いマメ科のミヤコグサの花も咲いている。
IMG_0060.jpg

藻浦崎近くでも岩百合の花が一面に咲いている。
IMG_0077_201606121002364e1.jpg

砂浜でマンテマの花を見つける。
これは江戸時代に帰化した植物らしい。
IMG_0093_20160612100238e16.jpg

次は天然杉たちの画像を書く予定である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雲流太郎

Author:雲流太郎
群馬の片田舎で暮らす
70歳の男性。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム