FC2ブログ

師走

師走ももう半ばを過ぎる。
ニッポンスイセンがもう咲いている。
ちょっと早いかも。


ロウバイも咲く寸前である。
薫りがよいのか、小鳥たちがよく来て、花を食べるようであるので、
きらきら光るテープを木に播いている。
効果があるのか今のところ小鳥からは守られているようである。
IMG_0003_20181218195153fe4.jpg

今日は東京へ出かける。
定期的な病院での診察である。
朝焼け前に邑楽の家を出る。
凛とした空気がある。
IMG_0004_201812181951545c4.jpg

例の手術した病院近くの19階の待合室からの風景である。
スカイツリーがそびえている。
IMG_0005_20181218195156e17.jpg

政府は防衛大綱と中期防を閣議決定したが、
憲法に基づく専守防衛の空洞化が懸念される。
防衛費も莫大となる筈だから、もう無茶苦茶である。
今年の最大の災いはアベが退陣しなかったことであろう。
どこまでアベは暴走するのか。

冬の到来

初雪が降った朝、遠くにいつものように
鳴神山が三角にとんがって見える。
冬の到来である。
樹木たちも葉も落とし、静かに命をつないでいる。


ついに辺野古の海に土砂が投入された。
沖縄の心を押しつぶすがごとくに。
政府の暴力はとまることをしらない。
新基地反対のために尽力をしている
山城氏(高裁でも控訴が認められず)の抵抗に比べ
遥かに大きく質も違うものである。

クロアゲハ(蛹)

クロアゲハの終齢幼虫はユズの木で蛹になり、
冬を越そうとしている。
どういう知恵(DNA)がそうさせているのであろうか。


立冬も過ぎ、本格的な寒さが訪れている。
朝の空気も澄み切っている。
IMG_0013_201812021302208ff.jpg

日本での水道に関連したPFI法が改正され、民営化が可能となっており、
さらにこれを多国籍企業がを狙っている。
いわゆるコンセッション方式による民間資金等の活用事業である。
菅官房長官の補佐官の福田隆之氏がPFIに精通しているので、内閣府で仕事をしていたが、
この11月に退任した(というより辞めさせられた)。
彼の前職はこの事業に関連した新日本監査法人(現、EY新日本監査法人)であり、
補佐官において何か都合の悪いことをしていたからではなかろうか。

ガマズミ

秋の終りとなってきた。
でも最後の力で我々を楽しませてくれる自然である。
青空に真っ赤なガマズミノ実がなっている。


その隣でモミジの葉が赤く染まっている。
イロハモミジかな?よくわからない。
IMG_0005_2018112115525279d.jpg

ムラサキシキブの実も青紫が鮮やかで、
葉も残している。
IMG_0007_20181121155253e7a.jpg

ウグイスカグラの花が今咲いている。
ちょっと早いのではないか。
IMG_0009_201811211552559c3.jpg

黒保根の朝焼けは今日はこんあものであった。
少し朝は寒いが外へ出てシャッターを切る。
IMG_0013_201811211552564d9.jpg

世界は日産のゴーン会長の逮捕で揺らいでいる。
そんなに財や金に執着したいのであろうか。
富豪の気持ちは貧乏人にはわからない。

フユノハナワラビ

本当に朝晩寒くなってきた。
フユノハナワラビが林の中で2本見つける。
羊歯の仲間である。


夜明け前の山の家からの景色である。
いつものところからである。
日によって色々と異なるのが楽しみの1つである。
IMG_0003 (2)

入管法の改定を政府は急いでいる。
でも関連根拠データは捏造の部分もあるらしい。
法務大臣の答弁もそれに基づいてしているから
どうしようもない。
プロフィール

雲流太郎

Author:雲流太郎
群馬の片田舎で暮らす
71歳の男性。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム