カッコソウをめぐって

カッコソウが近くで見られるというので、車を走らす。
小平の里からさらに山奥に入ったところである。
杉林の中に鉄の格子でで囲い、カッコソウは鍵の中であった。
双眼鏡をもって再度出かけて見る。
説明されている看板には落葉広葉樹林の中にカッコウソウは
自生しているらしいが、実際の移植地は杉林である。
なぜだろうかの疑問が湧く。
IMG_0062_201705152138360b4.jpg

近くには大杉がある。
IMG_0063.jpg

その足で近くの桐生自然観察の森へ行く。
ハクウンボクの花がタイミングよく満開である。
IMG_0064_201705152138399a8.jpg

雨の中、少し散歩する。
ヤブデマリの白い花もたくさん咲いている。
IMG_0065_20170515213841e9f.jpg

森友問題の安倍昭惠夫人の参考人質疑(証人喚問?)は
どこへ消えてしまったのでしょうか。
与党やアベの中にはもとからそんなものはなかったのでしょう。
篭池どまりの幕引きがもとからの筋書だったのでしょう。
学園疑惑はモリ(森友)からカケ(加計)に舞台は移っているようであるが、
どうやらこれもアベの息で、農水省も文科省もひっくり返されたようである。
アベ様が税金を私物化しているようでもある。

サクラソウの仲間?

近くの家でサクラソウに似た小さいピンクの花が咲いていると聞き、
見に行ったのがこれである。サクラソウの仲間であろうことは想像がつく。
サクラソウは葉の形や花の大きさで知っているのとは異なるが、
何であろうかと議論になった。
まだ見ぬカッコウソウ(サクラソウ属)かもしれないという人もいたが、
どうやら違うらしい。


ウツギの白い花である。
「卯の花の匂う垣根に・・・」の歌に出てくるもので、
境木にも用いられるらしい。
IMG_0015_20170515213702464.jpg

ウスバシロチョウが優雅に飛んでくる。
ヒメジオンの花に止まるのを待ってシャッターをきる。
IMG_0017_20170515213704947.jpg

ナナホシテントウが2匹、葉の上を散歩している。
IMG_0020_20170515213705c86.jpg

ニシキギの花が咲いている。
IMG_0023_20170515213707b81.jpg

同じニシキギ科のツリバナも咲いている。
どういう訳か、花弁の1枚は白くなく、薄紫色をしている。
IMG_0030_20170515213737bf8.jpg

サワフタギノ蕾である。
もうすぐ花である。
小さいがかわいい花である。
IMG_0033_201705152137387ae.jpg

ギンランが今年も同じ場所で花を出している。
ササバギンランは少し遅れて出てくるようである。
IMG_0035_201705152137404da.jpg

ハナイカダが葉脈の真ん中で花をつけている。
IMG_0043_2017051521374144e.jpg

ミズキの生長は早い。
花も5,6年でつけるようである。
層をなしてつける花は見ごたえがある。
IMG_0055_20170515213743e37.jpg

ヒメコウゾウの花も咲いている。
IMG_0057_201705152138352ff.jpg

いろいろな花が次から次へと咲いてうれしい限りである。
でも今日。衆議院の本会議で共謀案の法案が通過。
参議院でも数の力で国会を延長してでも通すであろう。
アベ政治を次の選挙でやめさせねば、独裁政治の恐怖は
終わりとならないであろう。

白い花たち(邑楽)

邑楽にも少しは白い花がある。
今咲いているのはまずはシャリンバイである。


次はドイツスズランである。
結構、繁殖力が旺盛である。
IMG_0006_2017051519433005c.jpg

トキワマンサクも白く咲いている。
IMG_0007_20170515194331f6c.jpg

ヤマボウシも咲いている。
たくさんの花ではないが、ぼつぼつと咲いている。
IMG_0008_20170515194333308.jpg

共謀罪法案は廃案にすべしである。
何が何でも数の力で通そうとするアベを粉砕すべしである。
もうこんなところまで来ているのが恐ろしい。
阪神が勝とうが、稀勢の里が負けようが、
この法案を通してはならないのである。
国民はカネとムラの中で生きていて、
本当の民主主義は育っていないのが
現状ではなかろうか。

白い花の咲く頃

今黒保根では白い花が沢山咲いている。
それを紹介しよう。

まずはユキザサである。
どこにでもあるような花であるが、葉の色は色々である。


オトコヨウゾメの小さい花もいっぱい咲き誇っている。
IMG_0004_201705101406441ed.jpg

ちょっと黄緑がかっているが、この花も咲き出す。
ユリ科のホウチャクソウである。
IMG_0007_20170510140645396.jpg

ペアーで花をつけるオオツクバウツギである。
もう少し小さくて可憐なツクバネウツギはまだこれからである。
IMG_0009_20170510140647b61.jpg

近くを散歩していると、
房のような白い花を見つけることができる。
マルバアオダモである。
IMG_0013_20170510140648d2d.jpg

葉の先が少し尖っているアオダモである。
IMG_0015_20170510140718765.jpg

小高いところから遠く赤城山麓を見上げる。
近くには家が点在しているのがわかる。
IMG_0018_201705101407191d9.jpg

ウワミズザクラがあちこちで花をつけている。
サクラの花の形には程遠い。
IMG_0020_20170510140721673.jpg

分類学的には黄色の花をつけるヤマブキとは異なるが、
ヤマブキに似たシロヤマブキである。
IMG_0021_20170510140722163.jpg

ズミである。
IMG_0024_201705101407249e5.jpg

白いフジが花を垂らしている。
マメ科独特の形状である。
IMG_0032.jpg

白いツツジも花も近所の垣根に咲いている。
IMG_0034_20170510140746327.jpg

最後に紅一点でヤマツツジを紹介する。
緑の中の赤の鮮やかさは目を見張るものがある。
何でもないようであるが、心楽しくさせてくれる。
IMG_0010_201705101407485e6.jpg

アベの傲慢、暴走を許すわけにはいかない。
森友学園問題にアベ夫人の関与はないといえないので、
アベは首相も議員もやめてもらうしかない。
国民はアベの言葉、口での誤魔化しで騙されてはいけない。

5月に入る


月日の経つのは早いものでもう5月である。
夕方、雨が上がった東の空に虹が見える。
IMG_0065_201705031837452f5.jpg

ウリカエデの花が咲いている。
いろいろなカエデの仲間がこの赤城山麓にあるが、
これもその1つである。
IMG_0071_20170503183747826.jpg

ウラシマソウが奇妙な自然の造形を見せている。
IMG_0076_20170503183748c6c.jpg

今年はたくさんのチゴユリの花が咲いている。
下向きに咲く花が可愛い。
IMG_0077_201705031837502a8.jpg

ヤマサクラの新葉に小さい虫(カミキリの仲間?)が
とまっている。
IMG_0081_2017050318375117e.jpg

どこからか持ってきたナツグミえあるが、蕾が出てきている。
IMG_0083.jpg

ペアーで花をつけるオオツクバネウツギが咲きだしている。
IMG_0090_20170503183837f5e.jpg

杉の木の下ではないが、ルイヨウボタンも咲いている。
IMG_0091.jpg

イノシシが荒らした土手近くにニリンソウの花も咲いている。
IMG_0098_201705031838408f0.jpg

豆腐屋の駐車場に御衣黄のサクラが4本あり、今真っ盛りである。
ちょっと目立たない黄緑がかった花の色であるが、何か
奥ゆかしい感じがする。
IMG_0099.jpg

その豆腐屋の前にはムスカリがあり、いっぱい花をつけている。
IMG_0102.jpg

シャガの花も今咲いている。。
IMG_0103.jpg

世間は連休で、今日は憲法記念日である。
犬HKは長々とアベの声を流している。
プロフィール

雲流太郎

Author:雲流太郎
群馬の片田舎で暮らす
70歳の男性。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム